春までのLIFE関連イベントと現地の近況。

新年も明けもう間もなく1ヶ月になります。

1月は本部DirectImpactチームはメンバー数名と大阪,ついこの21.22の週末は宮城県,古川、石巻へと動いていました。

大槌支部のジュンはお正月辺りは各地からたくさん頂いたあったか肌着を

現地に配りに動いてくれていました。各地の皆さんどうもありがとう!

今後の大槌近辺のニーズはまた絞り出して報告致します。

さてその大槌と同じく東北沿岸部、石巻に視察に3ヶ月ぶりに行ってきました。

結論から言うと現実は無情にも変わらず、新年などない状況でした。

当然!人々は前には進みだしてはいますが,現実の問題がまだまだ取り残されています。 この目では確認していませんが,おそらくある程度どの沿岸部も同じでしょう。12月に訪れた同県、七ヶ浜では真冬もボランティアセンターは継続。石巻と同じくだいぶ片ずいたとはいえ以前津波の被害がまだまだのこっています。

その石巻ですが駅近くの商店街も以前のような凄まじい崩壊こそ多少よくなったとわ言え、変わらずだれも復興させていない街の一角が残ります。

しかもこの街ではとっくにボラセンは閉鎖してしまっています。

今回も、前回同様この街の状況をとても詳しく案内してくれるレゲエミュージシャンBeroManさんの案内でだいぶ詳しく各地域を案内してくださいました。

一番被害が大きかったとされる南浜町、以前完遂がひどい工業地域、港の渡波。

どちらも一望出来るたくさんの人が避難した山、日和山

ほか街の公園から今では跡形もないBeremanさんの自宅まで見て回りました。

*(裏に見えるのが被災してしまった小学校が、別の小学校の校庭に立っています)

**(写真奥に見える焼けてしまった小学校が上の写真の仮設校舎に移転ー南浜町ー)

そして石巻やきそば!をその日和山で頂きながらこんごのLIFEで出来る事を

話し合いました。 今出来る事として比較的心のケアをされている小学生達

と違い思春期、大人前の高校生十代後半くらいの子らの心のケアを心配

されていました。思春期の子らにとっての心の傷も当然かなり深いだろうと

思われ、小学生や小さい子供達と違いケアが難しく、しかも後回しにされてるケースが多いいのではないかと言う話になりました。今のこの街に必要なココロクバリ!はなにか?視察に伺った石巻でしたが

ココロクバリムーブメントとしては!音で楽しむ!あれ!でいきます!

具体化した時点でまた報告致します。

そして!商店街の残された建物を生かして新しいレゲエバーがOPEN!

名前はStereo Graph!!この月末にOPEN!です。

-----------------

そして福島。

以前、お水,野菜のニーズが続きます。

状況は変わりません。以前現地I&I郡山の保育施設へのお水の配布が

切れない状況です!


送り先:郡山市清水台1-6-13 八幡プラザビル二号館
024-939-1310

cocobeat record物資宛

まで

*2Lペトボトル

*西日本産の野菜

ご協力お願い致します

**神奈川県のTrenchTown松田さん、シンジマンさんからお水代として16000円頂きました。

++++++++++++++

そして春までのやっぺし!やーまん!LIFE参加のイベント情報です。

ありがたい事に活動を継続するに従って、

協力していただける,個人団体が増えてきました!

よってまず

飯能市民会館にて同じく市内のA Hope Seedさんの協力により

チャリテリーイベントが開催!3月18日日曜日

七ヶ浜国際ホールでのイベントが前の週の3月10日 土曜日

4月8日がこのサイトを運営,管理していただいてるロッカーズアイランド

さんの大阪店舗にてインストアイベント開催!

翌週15日が横浜山下芸術祭の復興支援企画にてLIFE参加!

5月の19,20日は東京代々木公園にてワンラブジャマイカフェスの

メインステージにてやっぺし!やーまん!LiveUpJapanバリバリ開催!

です。

全国各地のみなさん!いろいろと声をかけていただいてありがとうございます!!

必ず東日本各地に届く”力”を各イベントにて生み出していきます!

代表LEO

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする