宮城 被災地の状況・・・・・変化 pt2-現地視察と報告-

711が過ぎあれから4カ月です。7日の七夕の日から数日仙台、宮城沿岸部七ヶ浜、多賀城などを見て回ってきました。今回の目的は微力ながらある程度体制の整ってきた(たくさんの協力者が集ってくださってます!)LIFEの活動をさらに絞り込んで意味のある動きをするための現地視察、現場で動かれてる方々のお話を聞くことでした。  仙台でこのサイトの執筆者でもある宮城支部Roots,Jungle Bass Crazys!! RooticalDubberのPino,AKと仙台で現場視察前の打ち合わせののち翌朝からまずは多賀城市へ(仙台の隣になります)。

東北をつなぐ45号線を仙台市内から北上していくと多賀城市になるのですが、市内から30分もしないうちに

見事に波にのまれたであろう国道沿いの景色になりましたが、全く建物が流されている様子と違い、建物はあるのですが、崩壊している建物、復活した国道沿いのチェーン店、車やさんのが織り交ざった景色が続きます。

崩壊したマクドナルドの隣の復活した定食やさんで昼食後、七ヶ浜へ。

まずは市役所へ向かい途中仮設住宅がいくつか見える中高台の市役所着。

建物は残っているのですが地震でゆがんでるため、歩いていると不思議な感覚。

市役所の担当の方とお話の後、そこから少し沿岸部に近付いた現地ボランティアセンターへ。

競技場のような施設(避難所でした)隣にあるボランティアセンターへ。

ここのボランティアセンターのマークでもある、がんばウサギが入り口でお出迎え。

割と大きな施設はオリジナルのTSHIRTS,ステッカー(うさぎマーク!)を支援金目的で販売していたり

ボランティアで来ていただいた方用の長靴、手袋他がきれいにならんでいたりとかなりしっかりした印象。

そこを切り盛りされてる代表の星さんとしばらく御話を聞いたり、打ち合わせをさせていただきました。

どうやらその施設の隣には支援活動のプロフェッショナル(地震以前からの活動グループ)のキャンプが併設していたりとかなりしっかりした体制でした。

そしてその施設ない芝生広場にてぜひ!レゲエイベントをやりましょう!とゆう流れになり、

8月に末に行います!!!!やっぺし!やーまん!LIVEUP JAPAN in 七ヶ浜!!!!

参加できる方:遊びにきたい方ぜひ一緒に行きましょう!手ぶらでも全然いいんです!

東北に行きましょう。   現地へ行きたいけどどーしてもタイミングがとかなかなか踏み切れなかった方。

ぜひこの機会に行きましょう!  ここの七ヶ浜でもがれき撤去などのボランティアも大募集でしたので、

イベントにからめて行って、ボランティア活動されるのもいいと思います。いかがでしょうか?

ちなみに、岩手県大槌でもやはり8月お盆に開催しまっす!

詳細はまた追って報告いたします。

七ヶ浜ボランティアセンターのリンクほか、になります。

七ヶ浜ボランティアセンターブログ

七ヶ浜現地のお話しだと、よその地域とほぼ同じ進行で、依然がれきはまだ残る中、がれき撤去のボランティアが足りてない。避難所解除から仮設へ移動。炊き出しとうもいったんは落ち着いてきた。物資のニーズは今後各地からの情報をまた公開(大槌町)していただくとして、物資もまあいろんな団体が動いてくださってるので足りているそうですが、ポイントで何か喜ばれるものもあると思いますので、8月のイベントの際に持っていくことも可能なので、随時まめな情報は

http://twitter.com/LoveIsForEast

から発信させていただきます!

なお日曜日10日の横浜金沢文庫でのチャリティー町祭りも大盛況!

横浜支部:拳POWAコンケン氏他、地元の方々ご協力ありがとうございました!

幹部がほぼぜいいんそろってのいいLIFE会議&トークショウもあり!ライブあり!のいいイベントでした。

レポートはまたアップしたします。

 

6月から7月現在にかけてのLIFE募金から使用させていただいた物資経費。

*衣類、帽子新品10085円

*水 2200円

*男性用シェーバー 9770円

*殺虫系 11025円

使用させていただきました。

+大阪イベントで集まった物資(タオル、殺虫系)大槌へ、引き続き郡山へ飲料水数十リッター送らせていただきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする