Consistency is the Keyー継続ー

今週いっぱいであれから早くも3カ月です。

このサイトも少しづつ情報が集まってきました。今後、また別の土地の方々からの情報掲載予定です。

今後もここの情報を基に、できる形でいいので支援よろしくね!

2カ月を過ぎたあたりからいろんなことが急速に動きだしたように思えます。しかし、現地の姿はきっとあの時からあまり変わってないのだろうなとの思いを描きながら5月28日から4日間、郡山へお水の配達に始まり、仙台ー三陸を中心に、ライブ&炊き出しを名目に現地へと、今後の現地会議も含めて7名のミュージシャンと1名のプロカメラマンと行ってまいりました。

今回同行していただいたプロカメラマン仁礼 博さんの写真とともに簡単なレポート、感じたことを綴って見ます。

まず、仙台も三陸もみんな元気でした。生きていました。がれきの中を普通に通学する学生、いったんはつぶれたものの再開したローソン、明らかに波をかぶってるだろう半壊のガソリンスタンドもいくつか見かけました。旗を揚げて営業していました。大船渡ではテントでカキを直販していました。ハイエースで簡単な容器を並べて販売している青空ファミリーマートもありました。そうみんな生きていました。しかも笑顔がたくさん。炊き出しさせていただいた大槌の避難所では”朝ごはんたべて行きなさい、ちゃんと食べてんの”と避難所のキッチンのお母さんに言われました。今度はお風呂も入っていきないさいだって!

感じたことはこういったことです。

生きています。人として生きて行く最低条件も満たされてないのにすべてが満たされてる俺らにこのやさしさです。

福島へ3月半ばに行った時もそうでした、水を届けに行ったはいいが、現地でガス欠。最低の僕です。しかし、彼らはなけなしのガスを次から次とあっとゆうまに集めて僕の車に入れてくれました。

そうゆうことなんです。

LIFE………今しかないと思います。

Love Is For East…….

今しかできないことがあるはずです。

悩んでないで、心配り!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真:仁礼 博さん

連載「ほぼ日刊イトイ新聞」写真で深呼吸
http://1101.com/nirei/index.html
BULA!!STUDIO Hayamaのblog
 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする